KENKADOU『511』?

大阪唯一となる読書会専門店KENKADOU『511』は大阪、梅田徒歩圏内で毎週「月曜日と木曜日の夜」の2日間だけ現れる秘密の本屋です。ここでは江戸時代の「木村蒹葭堂」の現代版となる事を目指して、毎月読書会をサロン的に開催している他、様々な分野の方をお招きしてのトークイベント、映画上映会なども開催しています。

「読書会専門店」

KENKADOU『511』では読書会を通じて「異なる背景をもつ参加者達」同士が「あらすじ」や「文章表現」「当時の歴史」や「著者の生い立ち」などについて「自由に対話できる場」を提供していきます。その事で「ダイバーシティ」「知の相乗効果」の実現はもちろん「本を読む」行為自体のアップデートも図っていきます。

"文学は、真夜中、荒野の真っただ中で擦るマッチと同じだ。マッチ1本ではとうてい明るくならないが。1本のマッチは「周りにどれだけの闇があるのか」を私たちに気づかせてくれる"(by ウィリアム・フォークナー)‬


KENKADOU『511』主宰がブックレビュー「優しい気持ちになる本」「中二病古典文学紹介」を公開しました