MEMBER『511』

はじめまして。おひさしぶり。

511の運営及び活動メンバーの紹介。

Introduction of active member and the management of 511.

田中冬一郎(たなかとういちろう)

511主宰 経世済民サポーター。同志社経済卒。金融機関で働きながら『金融』『芸術』『まちづくり』にシナジーキャリアで関わっています。夢は各地域の文化発信センター説立に関わる事で、より豊かな日本社会を実現させる事。/『社会課題をたのしくする会社』ワオンプロジェクト代表理事/大阪市『市民活動推進審議会委員』/大阪市北区『区政委員』/大阪を変える100人会議『メンバー』

田面遙華(たづらようか)

毎日書道会会員・浪速書道会理事。そして、個人活動では輪音副代表。伝統的な書に新しい感性を吹き込み、書道の枠を越えた表現をする書家。主宰の教室や各地でワークショップを開催し書道の楽しさや奥深さを伝える。書を体で感じ描くをテーマにライブ書道を行う。テレビにも出演。

 

田中コマリ(たなかこまり)

『511』ブログ担当。言葉という漠然としたものがたまらなく好きです

片山アキコ(かたやまあきこ)

クリエイティブアウォード関西事務局員。建設土木内装系茶道女子。芸術文化が身近になること、自発的なまち/コミュニティ形成に繋がることを中心に携わる。空間の可能性と、人との関係性に注目。個人規模より『(仮称)(D×R)生活文化ふりかえり小プロジェクト』を発動中。

須山直哉(すやまなおや)

宝塚造形大学を卒業後、映像作家として様々なユニットで活動した後、スペース『アトリエ輪音』に立ち上げ当初から参加。『アトリエ輪音』閉鎖後は各種イベントの総合補佐として裏方的に活躍している。ステンレス職人としての一面も。

 

ベヒモス(べひもす)

人の言葉を理解する犬型オムニボット。『511』のマスコットキャラクターであるだけでなく、時にアーティストとして作品制作にも参加する。